2022.12.26

【社長インタビュー】ファーストデジタルの目指す未来

  • コンサル
  • 約4分で読了
  • デジタルマーケティング
  • インタビュー
SHARE
【社長インタビュー】ファーストデジタルの目指す未来
インプットポイント
  • ファーストデジタルの目指す姿と、求める人物像
  • ファーストデジタルの働き方の特徴

新型コロナウィルス感染症の流行に伴う行動制限も解除され、リモートワークからオフィスへ回帰する企業も増えているようです。
そんな社会情勢を反映してか、皮肉にも世間では、コロナ禍により加速したと言われるDXへの関心はやや薄れつつあるようにも感じられます。
一方で、弊社クライアント様も含め着実にDXを進め成果を出している企業も増えてきており、今後ますますDXへの対応の格差は開いていくことが予想されます。
そのような状況の下、より自身が成長・活躍できる環境を求め、デジタル系専門職・デジタルコンサルタントの転職市場は引き続き好調なように思います。
弊社はデジタル領域、それもデジタル戦略等、上流を専門とする、コンサルティング業界の中でも比較的珍しいコンサルティングファームです。
本日は、デジタル領域のプロフェッショナルを目指し転職を検討中の方へ、弊社の特徴や創業の経緯、会社として目指す将来像や弊社社員として求める人物像などを、社長インタビューの形でお伝えします。

Profile

粕谷 浩和Representative Director, President and Chief Executive Officer (CEO)
慶應義塾大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現︓アクセンチュア)戦略グループにおいて、製薬企業や通信企業をはじめとした複数クライアントの事業戦略、マーケティング戦略⽴案、 DX(デジタルトランスフォーメーション)推進などのプロジェクトに従事。フリーコンサルタント(メンバーズ常駐)を経て、デジタル領域のコンサルティングに特化したアンダーワークス株式会社を設⽴。通信・製薬医療・⾦融機関等70社以上からの受注を達成し、デジタル領域の戦略⽴案、Webサイト構築、グローバルガバナンス等のプロジェクトを推進。大⼿広告代理店、SIer各社からの上流戦略フェーズを中⼼としたプロジェクトを受託。2015年株式会社ファーストデジタルを設⽴。スタンフォード大学1997年度SJEC。

会社としてブレない軸は、デジタルとコンサルティング

日本のビジネスをリードする優秀な若手ビジネスパーソンの輩出がミッション

他社から引く手数多の優秀な方が、長く働き続けたいと思うような会社でありたい

編集後記

いかがだったでしょうか。
筆者自身日々実感していますが、FDは非常に良い会社です。
このインタビューでは伝えきれていない良い部分もまだまだたくさんあります。
論理的思考力に自信があり、デジタル分野のコンサルにご興味を持たれている方がいらっしゃいましたら、是非FDの中途採用へご応募ください。

コンサルタント採用はこちら

Profile

打桐 烈Senior Consultant
神戸大学卒業後、株式会社ワークスアプリケーションズに入社。EC、タレントマネジメントなどの業務システムの開発を担当。その後スマホアプリ受託開発企業における法人営業、SI企業におけるSalesforce向け自社アプリ開発マネージャーを経て、2021年から株式会社ファーストデジタルにジョイン。
打桐 烈
打桐 烈
この記事は打桐 烈が執筆・編集しました。

Contact

ファーストデジタルの提供するサービスに関心をお持ちの場合には、ぜひ一度ご相談ください。
デジタルに精通したコンサルタントがビジネスの変革を支援します。

Recruit

ファーストデジタルは成長を続けており、やりがいのあるハイレベルなプロジェクトと
切磋琢磨できるチームメンバーがあなたのキャリアアップを加速させます。